副作用なども理解した上で

アトピーの治療として、ステロイドでの治療を考えている方もいると思います。しかし、ステロイドでの治療を行っていく場合には、副作用なども理解した上で、治療を進めていく必要があります。

では、ステロイドの副作用のステロイド皮膚症の症状について、ご紹介しましょう。実は、このステロイド皮膚症の場合には、既に症状が現れているにも関わらず、気づかない方もいます。それは、元々のアトピーの症状が落ち着いているため。

病院でも、「弱いステロイドを使用しているから、問題はありませんよ」と言われているため、安心している方も多いでしょう。


ステロイドは蓄積される

しかし、毎日ステロイドを使用していくことで、体の中にはどんどんステロイドは蓄積されてしまうことになります。そして、気が付いた時には、「皮膚の色が、黒ずんでしまっている」ということもあります。

黒ずんでしまった場合には、皮膚も固くなってしまい、ごわごわした状態。とても、健康的な皮膚とは言えない状態となってしまいます。腕や足など、見える部分がこういった状態となってしまえば、半袖などを着ることに、抵抗を感じてしまう方も多いでしょう。

アトピーの症状が落ち着くというのは、とても嬉しいもの。しかし、こういった副作用が現れてしまえば、他のことで悩んでしまうことになります。 副作用を起こしてしまうと、症状はなかなか改善されにくくなりますので、既にステロイドを使用している方は、副作用の症状が現れていないか、細目にチェックするようにしましょう。