じっくりと考えた上で使用

アトピーの治療として、ステロイド剤を使用している方も多いと思います。確かに、ステロイドは症状が現れている部分に塗ることで、みるみるうちに改善していくように見えます。

しかし、ステロイドは副作用などもあるため、使用の際にはじっくりと考えた上で使用する必要があります。 では、ステロイドを使っていくことで現れてしまう副作用のひとつ、ステロイド皮膚症について、ご紹介しましょう。

ステロイドを塗って、アトピーの治療をしていく際には、薬の量が少しずつ増えてしまうことになります。そして、体の中には、このステロイドが蓄積された状態となってしまいます。

そのため、副作用などが現れてしまいます。ステロイド皮膚症では、どういった症状が現れるかというと、皮膚が薄くなってしまうことで、赤くただれてしまい、じくじくと膿んでしまうこともあります。


副腎皮質の機能が低下

また、皮膚が薄くなっていることで、弱い力で皮膚をかいても出血などを起こしてしまうことになります。また、顔が赤くなってしまったり、皮膚が黒くなってしまうこともあります。そして、副腎皮質の機能が、低下してしまうこともあります。

ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因となり、免疫力が低下してしまうこともあります。 このように、アトピー治療として、ステロイドを使用する際には、副作用としてステロイド皮膚症を起こしてしまうこともあります。

ステロイドでの治療を行う際には、こういった副作用があることも理解した上で治療を行う必要があります。