やめられなくなる

アトピーの症状で悩んでいる方の中には、「ステロイドを使って、治療を行っている」という方もいると思います。ステロイドを使用することで、アトピーの症状が改善されたと感じている方も多いでしょう。

しかし、このステロイドは、一度使ってしまうことでやめられなくなるというデメリットもあります。 では、ステロイドのリバウドについて、ご紹介しましょう。ステロイドを使って治療している方の中には、「治ったと思って、使用をやめると、すぐに症状が現れてしまうため、なかなかステロイドを手放せない」と感じている方もいると思います。

また、ステロイドを止めてしまうことで、「以前よりも、症状が悪化している」と気づいている方もいるでしょう。


どんどん強いステロイドへ

実は、ステロイドの治療のデメリットは、こういったステロイドからの脱出がなかなか出来ないことが上げられます。また、弱いステロイドで治療していた方も、治療を続けていくことで薬が効かなくなり、どんどん強いステロイドへと移行している方も多いと思います。

こうなってしまえば、ステロイド皮膚症へと進行してしまうことになりますので、注意が必要となります。 「ステロイドを、どうにか止めたい」と考えている方も多いと思いますが、ステロイドを止めるのであれば、早めにステロイドの使用を止めることが必要となります。

使用が長くなれば長くなる程、止める際には苦労することになります。一度使用していたステロイドを止めるということは、辛い時期も味わうことになりますが、体の中に蓄積しまっているステロイドを排出すれば、苦しみからは抜け出せるでしょう。