有用の微生物群!?

アトピーのお子さんを持つ親御さんの中には、「何か、良い治療方法はないだろうか?」と色々な方法を試している方もいると思います。小さなお子さんが、かゆがっているのを見るたびに、歯がゆい思いをしている方も多いでしょう。

ではアトピーの治療方法のひとつ、EMについて、ご紹介しましょう。EMとは、どういったものかというと、Eは運用のEffectiveのE。そして、Mは微生物のMicroOrganismsのM。有用の微生物群という意味を表しています。

「どういった方法で、治療をしていくの?」と不思議に思われる方も多いでしょう。


安心してアトピーの治療を

EMでは、この名前の通り、人や植物などに有効といわれている最近のみを培養していく方法。現在では、130ヶ国以上で使用されている方法となります。

どういった方法かというと、ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌、納豆などに含まれている納豆菌などの働きを生かすというもの。これらの菌を合わせた物を使い、野菜などを育てていくと、農薬などを使わずに野菜作りを行えるといいます。

アトピーの方にとっては、農薬などは大敵となりますから、こういったEMなどにより作られた野菜などであれば、安心して摂取することが出来ますよね。更に、このEMの原液を直接アトピーの症状が現れている部分に塗ることで、症状が改善されるといいます。

中には、好転反応などが現れることもある様なので、状態をしっかりと判断しながら、使用を続けるか検討していく必要があります。 このように、自然の力を用いたEMであれば、安心してアトピーの治療を行っていくことが出来ますよ。